住宅ローンの保険効果

住宅ローン、アパートローン等、銀行、保険会社のロlンを使って、不動産を購入しますと、自動的にそのローンの額の生命保険に加入させられます。

しかも銀行ローンの場合は利息の中に生命保険料が含まれていますので、別途支払う必要はありません。

保険会社の場合は生命保険料が別途になっていますが、その分金利が銀行よりも低く設定されているので、最終的には同じ金利になるようになっています。

 

この生命保険はローンに質権が設定されるので、万が一死亡した時でも、現金は入ってきません。

 

その代りに、保険金によりローンの残債がゼロになるしくみになっています。

 

しかし、すべての住宅関係のローンが、生命保険への加入が義務づけられているわけではありません。

 

信用金庫や、信用組合のローンの中には、生命保険の加入義務がなく、その分、金利が安いものもあります。

 

毎年、年末調整の頃になと、保険会社から送られてくる年未調整用の、支払い証明書を会社に持参して、収入から控除してもらいます。

 

しかし、この額は最高で五万円だけです。

 

支払い額が一年間で五万円未満の人は少数で、生命保険料として数十万円払っている人もめずらしくありません。

 

そして生命保険に一つも入っていない人はいないのではないでしょうか?

 

しかしながら、私は一つも入っていません、ゼロです。

 

なぜなら、私にはその必要がないからです。

 

私は自宅の住宅ローンが3OOO万円程、それにアパートローンが2億5OOO万円程残債があります。

 

そのうち、アパートローンの4000万円を除く2億1000万円と、住宅ローンの3OOO万円に生命保険の強制加入になっています。

 

ですから、万が一、私が死亡しても、現在居住している自宅のローンはゼロになり、私の家族はロlンの支払いをする必要がありません。

 

アパートからは毎月二百数十万円の収入がありますが、そのロIンの支払いが、やはり2OO万円位あります。

 

しかし、これも二OO万円以上のアパートローンの支払いのほとんどが、保険金により相殺されてしまいますので、月2OO万円以上の収入が見込めるようになります。

 

つまり、私が死亡しても、自宅はただになり、毎月2OO万円近くの収入を得る事ができます。

 

この保険金の支払を私はローンという形で行なっているのです。

 

銀行、保険会社からローンを借りる時は生命保険に加入が義務づけられますが、しかし、その保険料は利息の中に含まれていたり、別途支払う場合でも、格安です。

 

私の場合でも、2億数千万円の保険では、通常の保険では毎月の掛金も相当なものになると思われますが、ローンとして支払っているとHタダu で入っている感覚になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>