低収入なら居住用にこだわるな

あなたの収入が少ないのなら、はじめて購入する不動産はマイホームとして購入するのではなく、賃貸用として購入した方が良いといえるでしょう。居住用として使う場合と、賃貸用として使用する場合、メリットとデメリットはどう違うのでしょう?

 

購入する不動産を、居住用として使用する場合は、当然の事ながら、家賃が(賃貸住宅に住んでいた場合)必要なくなります。

 

さらにローンを借りて買った場合、年末のローン残高の1%が住宅取得促進税制によって、税金で戻ってきます(六年間、合計二五万円以内)。

 

売却した場合にも、3000万円までの譲渡益が無税になります。

 

これに対して、貸賃用として使用する場合は、家賃収入があります。

 

ローンを使用した場合、返済部分の利息部分が経費として計上でき(建物部分のみ)、さらに建物部分の減価償却も経費として、計上する事ができます。

 

そして受取賃料から、それらの経費を引て、赤字になれば、他の取得と通算して、節税ができます。

 

このように、税制面において、居住用でも、賃貸用でも優遇されているのです。

 

しかし、収入の余り多くない人にとっては、居住用にこだわらない方が、マイホーム取得への第一歩、となるはずです。

 

なぜなら、ローンを借りる場合でも、居住用では、返済可能額が年収の30~40%以内、というように定められている事が多いのですが、賃貸用では、更に受取賃料の七O%をプラスしたものを返済可能額として、見てくれるので、賃貸用として借りる方が、居住用として借りるより、はるかに借りやすいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>