レパレッジド・リターン

この、レバレッジド・リターンとは私の発明した言葉です。レパレッジドとは挺の事で、挺を使ってリターンを狙う、という事です。この挺とは借金の事です。借金という挺を使ってハイリターンを狙う、これは、不動産購入にのみ許された、おいしい話なのです。

 

物件価格の上昇は、一時、お休みしているといっても、10年、20年の単位で見れば、必ず数倍、数十倍に値上がりしています。

 

仮に、最低と思われる年率五%の値上がりでも、3000万円の物件であれば、一年で150万円の値上がりになってしまうのです。

 

借金は決して、怖がる必要はありません。

 

むしろ借金の額よりも、月々の返済が、実際に返していけるかどうかのほうが大切なのです。

 

情報誌や、新聞等もよく、1000万円を借りたら、総支払い額はいくらになる等と書いたりしますが、今では、住宅ローンや、アパートローン〈資産運用、つまりマンションを賃貸用として購入する場合も、このローンになる事が多い)を、返済し終るまで、25年も30年も、払っていく人はほとんどいないので、総額でいくら支払う式の計算はナンセンスです。

 

返済が何とか返していける位の額なら、買っておいて、数年したら、値上がり益を享受できるようになっている、と考えて良いので、月々の支払い額(ボーナス時も含む〉が返済可能かどうか、という事の方がむしろ重要な事なのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>