買えるものから買っておこう

不動産を買う時は、最初から100%の希望条件の物を手に入れる事を考えてはいけません。

 

最初から、理想の住い(資産運用対称の物件でも)を手に入れられれば、それにこした事はないのですが、そのような物件は価格も高く、手が出ない事も多いので、それらを望んでいるばかり、手に入れられる物件を見落し、結局、手に入れられたはずの物件さえ、価格の高騰によって、手に入らなくなっている事が多いのです。

 

多少のタイム・ラグはありますが、値上がりする時は、高い物も、安い物も上がる傾向にありますので、手に入れられるものがあれば、それから手に入れる姿勢が大切です。

 

そして、それが値上がりしたところで買い換えて理想のマイホームを目指していけばよいのです。

 

もちろん、手に入れられるものなら、何でも良い、というわけではありませんが、少なくとも、「貯めるスピードより、値上がりするスピードの方がはるかに速い」事を考えれば、いわゆる、高望みをして、結局、何にも残らないより、手の届く範囲で、買えるものから買っておいた方が正解です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>