セールスマンと仲良くなろう

業者としては一流、また評判が素晴らしくても、あなたが満足する結果が、得られない時があります。

 

これは、担当してくれるセールスマンの質に問題があるか、セールスマンとあなたとのコミュニケーションが、充分できていないかのどちらかです。

 

いくら、良い業者を選んでも、あなたの担当のセールスマンが、常に気がきいて、良い物件を紹介してくれたり、常に適切なアドバイスをくれるとは限りません。
 

この場合は、担当の人を代えてもらうのが一番ですが、それが言いづらい事もありますので、(本当は高額の買いですので遠慮する事は、何もないのですが〉複数の業者とコンタクトをとりながら、付き合うようにしたら良いと思います。
 

複数の業者と同時に付き合う事によって、また、業者やセールスマンの質も良く見えてくるものです。
 

しかし、一番の秘訣は、セールスマンと仲良くなる事です。
 

セールスマンにしても、売れば、歩合が入る場合もありますし、ボーナスの査定ポイントにも影響するわけですから、どんなお客でも、それなりに大事にしてくれるものですが、やはり人の子ですから、気の
合う人、感じの良い客には、物件を優先的に紹介する事もあるのです。
 

その他にも、ウラ情報や、親身になったアドバイス等をもらえる事もあるのです。
 

相続 家 売却をおかんがえならお勧めはコチラです。

業者選びから始まる物件選び

さて、中古マンションを購入しよう、という事になると、新聞のチラシ広告を集めたり、週刊住宅情報を買ってきて、中古マンションの頁をめくる事になります。

 

その、たくさんの情報の中から、たった一つの物件を見つけるわけです。

 

最初のうちは、これらの情報の読み方も、よくわからないので、チラシや、住宅情報の中のw帯情報M を見ても、それが安いか、高いか、全くといっていいほど、判断できなくて、また、どこをチェックしたら良いのか、わからない事が多いと思います。

 

そこで、業者に相談にのってもらう事が必要になってくるのですが、業者の中には、それこそ誠心誠意、コツコツと地道に努力を重ねて、評判をとり、営業している業者もありますが、中には、「どうせ、なにもわからない素人だから」と、売れれば何でも良い、とばかりに、物件をすすめる、場合によってはゴリ押しするような業者もいます。

 

業者の選び方によって、物件選びが、むずかしくとも、簡単にもなるわけです。

 

だいたいにおいて、良心的な業者は、物件の良い点だけでなく、欠点もはっきりいってくれますし、ゴリ押しするような営業も致しません。

 

また、説明の仕方も、やたらと専門的な言葉を使ったりしませんし、言葉づかいも、ていねいなものです。

 

このような業者の見つけ方は、評判を聞いてみるのも、もちろんですが、電話した時の応対の仕方でも半分以上わかります。

 

また、あなたの身近な人に、最近不動産を売買したような人がいれば、その人に業者を紹介してもらうのもまたいいでしょう。